北陸住居No.1

設計・監理 : チドリスタジオ

構造設計 : オーノジャパン

施工 : 二宮建設

ファブリック : ONDER DE LINDE

外構 : BOWS AND SCAPES

写真 : 中山保寛(1〜14枚目) / 河野幸人(15〜18枚目)

掲載 : 住宅特集2022年1月号

北陸らしい住居を考える

設計事務所を併設した自邸である。ここでは、これまでに実践してきたシェアやケアといった分野での設計経験を活かすため、モノやスキルを地域の人と共有しあう「寺町コモンズ」という活動もしている。敷地は藩政期に寺社が集められた重要伝統的建造物群保存地区のすぐ脇にあり、周辺には古い町家や大きな庭木が残っている。
変型的なL字型の敷地に対し、道路沿いに建築をワンヴォリュームで据え、奥に隣家にも光を届ける庭を設けた。交差点と接する敷地角に人を迎える土間+前庭、ヴォリュームの反対側には金沢の町家で見られるセド(奥庭の手前に雪下ろしや洗濯ができるスペース)+奥庭を設け、その間をLDK機能が繋ぐ構成である。土間は道路沿いに全面開口とし、パブリックスペースの延長のような透明感ある場とした。セドは、道路沿いに軒高さいっぱいのスリット開口と屋外カーテンを設けて大きなスケールの玄関口をつくり、奥庭に開いた連続的な場としている。
道路沿いの立面を大きく占める開口部は、軸組と水平連窓を組み合わせ、採光・日射熱を積極的に取り込みつつ、内部と道路の距離感をグラデーショナルに変化させ、それぞれにあった窓辺を構成している。一方、外観は1棟の建物として、機能割りを超えたまちに対する大きな窓として統合している。各所が個別に機能するだけでなく、土間、 LDK、セドを繋げて一体的に「寺町コモンズ」の活動スペースや事務所の作業スペース、友人との食事会などに活用している。こうしたオープンな活動とプライベートな住生活を建物全体で調整する弾性的な建築を目指した。
故郷である北陸地方で初めて設計し、この地域の雨雪に対する屋外スペースのつくり方、曇天に適した色づかい、冬季の自然光と日射熱の扱い等について考えた。それらへの応答として洗練された北陸建築の系譜と接続する、バナキュラーと住宅作品の中間のようなものを模索していた。環境を制御する屋根や開口部などの建築的エレメントを風土に合わせて再考して、歴史的知性のうえに成り立つ北陸らしいケーススタディを通し、建築の普遍的な可能性を見出したい。

all works

  • 北陸住居No.1 イメージ

    北陸住居No.1

  • 北陸住居No.2 イメージ

    北陸住居No.2

  • 飛騨のオフィス+サウナ イメージ

    飛騨のオフィス+サウナ
    on going

  • 鶴来新町の住宅 イメージ

    鶴来新町の住宅
    on going

  • 寺町コモンズ イメージ

    寺町コモンズ

  • リノア北赤羽 イメージ

    リノア北赤羽
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 上池台の住宅 イメージ

    上池台の住宅
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 窓辺ビル いちぼし堂 イメージ

    窓辺ビル いちぼし堂
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 出窓の家(ベルリン・セミナーハウス) イメージ

    出窓の家(ベルリン・セミナーハウス)
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 須坂市子育て就労総合支援センター bota イメージ

    須坂市子育て就労総合支援センター bota
    ツバメアーキテクツ担当作 on going

  • 未指定文化財の活用プロジェクト -石黒ビル- イメージ

    未指定文化財の活用プロジェクト -石黒ビル-
    on going

  • 歯科医院の東屋 イメージ

    歯科医院の東屋

  • 越前市のオフィス イメージ

    越前市のオフィス

  • 移動式メディアアーケード イメージ

    移動式メディアアーケード

  • KINOKO イメージ

    KINOKO
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 新しいサービス付き高齢者住宅に関する調査・研究 イメージ

    新しいサービス付き高齢者住宅に関する調査・研究
    ツバメアーキテクツ担当作

  • シェア空間の設計手法 イメージ

    シェア空間の設計手法
    成瀬・猪熊建築設計事務所担当作

  • 目黒区の集合住宅 イメージ

    目黒区の集合住宅