北陸住居No.2

設計・監理 : チドリスタジオ

構造設計 : 海野構造研究所

施工 : 鈴木建設

ファブリック : チドリスタジオ+フジエテキスタイル

写真 : 中山保寛

 金沢市の文教エリアに建つ木造2階建ての住宅。周辺には緑が多く、公園や学校、競技場など、ゆとりある公共スペースが集まっている。敷地裏の空き地は、かつて銀行の寮であった跡地で、その先に競技場の緑がよく見渡せる。施主は「この緑に対して大きな開口部を設けた住宅」を要望したが、敷地裏の空き地には大きな建物が建つ可能性があった。そのため、要望の一つであった大きなテラスを、その緑と前面道路のT字路をつなげるような位置に設け、このテラスを介してLDKを開くことにした。このT字路から建物を見ると、建物に穿った大きな空洞のようなテラスが、建て詰まった住宅地にぽっかり余白をつくり、住宅地のすぐ裏にあった競技場の緑や空まで視線が抜けていく。よくみかける住宅地の風景が並ぶ中、ここがどんな場所だったのか、この大きな気積の空白が周辺環境の固有性を浮き彫りにする。
 理学療法士である施主が、将来的に自営業もできるように、1階には前面道路に長く水平に伸びた開口部を設けた土間や施術スペースを設け、外部からも見通しのよい窓辺環境を整え、裏側にプライバシーを確保した寝室+水回りを集約させている。プライベートな諸室が集まっているので、あえて天井を低く抑えて落ち着いた場をつくり、水平連窓と合わせて平面的な長さを強調した伸びやかな断面構成としている。また、前面道路の傾斜を利用して、1階から地面や将来植える植栽を近く感じるように、半分程度の床を地中に埋めた。2階は、テラスと一体的に使える、大きな掃出し窓と高い天井による、おおらかで開放的なワンルームとした。テラスはLDKと連続する大きな屋根を架け、降雨積雪の多い北陸地方でも使いやすい屋外スペースとし、北海道住宅によくみられる無落雪屋根を採用した。また、1階と2階のメインの開口部の向きを90度回転させることで、上下階の移動の際に感じる光の入り方や景色、外とのつながり方に変化をもたせた。
 明快な二層構成であるが、表層的な操作ではなく、テラスの配置、室のプロポーションの差異、開口部の構成/向き等といった建築的な手法によって、上下階に異なるおおらかな場の設計を試みた。

all works

  • 森の端オフィス イメージ

    森の端オフィス

  • 北陸住居No.2 イメージ

    北陸住居No.2

  • 北陸住居No.1 イメージ

    北陸住居No.1

  • 鶴来新町の住宅 イメージ

    鶴来新町の住宅
    on going

  • 未指定文化財の活用プロジェクト -石黒ビル- イメージ

    未指定文化財の活用プロジェクト -石黒ビル-

  • 須坂市子育て就労総合支援センター bota イメージ

    須坂市子育て就労総合支援センター bota
    ツバメアーキテクツ担当作

  • リノア北赤羽 イメージ

    リノア北赤羽
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 寺町コモンズ イメージ

    寺町コモンズ

  • 歯科医院の東屋 イメージ

    歯科医院の東屋

  • 上池台の住宅 イメージ

    上池台の住宅
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 窓辺ビル いちぼし堂 イメージ

    窓辺ビル いちぼし堂
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 出窓の家(ベルリン・セミナーハウス) イメージ

    出窓の家(ベルリン・セミナーハウス)
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 越前市のオフィス イメージ

    越前市のオフィス

  • 移動式メディアアーケード イメージ

    移動式メディアアーケード

  • KINOKO イメージ

    KINOKO
    ツバメアーキテクツ担当作

  • 新しいサービス付き高齢者住宅に関する調査・研究 イメージ

    新しいサービス付き高齢者住宅に関する調査・研究
    ツバメアーキテクツ担当作

  • シェア空間の設計手法 イメージ

    シェア空間の設計手法
    成瀬・猪熊建築設計事務所担当作

  • 目黒区の集合住宅 イメージ

    目黒区の集合住宅